経済・政治・国際

2011年3月25日 (金)

~被災地レポ~

おはようございますhappy01

今日の湯沢市、朝から日が照り、気持ちの良いお天気ですshine

今日のブログは、先週19日(土)に「クリーニングの仕上屋」さんを出発し、輸送先の南三陸町の避難所へ支援物資をお届けした際の画像をお借りすることができたのでご紹介したいと思います284

Hisaiti05 Hisaiti01

:トラックいっぱいに積まれた支援物資  :灯油も一緒に輸送先へ

Hisaiti02 Hisaiti03

手間のかかる荷降ろしの作業は、現地の方の助けも借り夜遅くまで続いたそうですthink

そして、ここからの写真は変わり果てた町並みの様子です。

あまりにもひどすぎて言葉もでません103

Hisaiti07 Hisaiti08

Hisaiti010 Hisaiti011 

Hisaiti012 Hisaiti014

Hisaiti015_2 Hisaiti016

壊滅的な状況です・・・

今、自分がやるべきこと、今一度考えなおしたいですねthink

買いだめや買い占め、誰しも悪気があるわけじゃありません。不安なだけなんです。

でも、少しだけ冷静になって、今もなお被災地で頑張っている方々のことを思い出してみてください164

実際に避難所へ輸送してきた「(有)本家仕上屋」代表取締役 高橋 友広さんからコメントを頂くことができたのでご紹介したいと思います 182

震災から8日後、3月19日、県南地区では秋田県同友会県南地区会が窓口となり、皆さまにご協力頂いた支援物資を満載に載せて、宮城県南三陸町の避難所4箇所へ行ってまいりました。

まずは、ご支援頂いた皆さまに、本当に心より感謝いたします。
被災地の方々からも「秋田から・・・わざわざ・・・」と、涙を流して、皆さまによろしくお伝えしてくださいと、仰せつかってまいりました。

南三陸への国道は警察車両が多く、国道のあちらこちらが地割れをおこしていました。瓦屋根は剥がれ落ち、支援物資を積んだトラックは徐行しながら進みました。

山間に入ると、何の変哲もない観光地への道。

津波が押し上げてきた家屋や車は突如として現れました。山と山の間をぬうようにして津波が押し寄せてきたからです。土地勘が乏しい私たちには、「ゴミ処理場」にしか見えませんでした・・・。数日前の街のイメージができなかったからです。
現実なのか。元々こういった街なのか・・・訳が分からない状況でした。

ある被災者の方が私に言いました、「津波はテレビで見ましたか?どうでしたか?」
「電気がついたら、あの津波がどう映っているのかYou Tubeで観たいですね」と。

あの方たちは、復興を諦めていません。

隣県で生き残った私たちがこれからすべき事。

それは、絶対に経済を止めてはならないことだと思います。
被災地では、食事もお風呂もままならない状況です。普通の生活に戻るには、相当な時間が必要だと感じました。


被災地のことを思えば、贅沢は出来ない・・・と、思うのですが、だからこそ私たちは出来るだけ普通の生活をして、普通に消費をしなければならないと思います。

我々消費者が消費を控えれば、お店や会社で働く方の収入が減ります。
収入が減れば、また消費が減ります。
そうやって、マイナスの影響がでれば、お店や会社が成り立たず税収が減ります。
税収が減れば、復興の為の資金が補えず、結果的に復興が遅れる構図になるからです。

普通に暮らせる私たちが、普通に暮らすこと・・・これも支援の一つではないでしょうか。

                                       秋田県同友会県会
                     クリーニングの仕上屋 代表取締役 高橋 友広

すさまじい惨状を目のあたりに見てきた人だから、言える言葉・・・。

「普通に暮らすことが支援・・・」心にとどめておきたい言葉ですthink

今後も高橋さんらは、現地と連絡を取り、支援を続けていくそうです。復興に希望をもつ被災者の方々の為に私たちも手を取り合い、一丸となって頑張りましょうhappy01

Yuko01 Yuko

湯~なび放送局 http://www.yuzawamarugoto.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

クリーニングの仕上屋さん支援物資梱包中!

午前中もブログでご紹介しましたが、湯沢市湯の原にある「クリーニングの仕上屋」さんでは被災地に輸送する支援物資のご協力をお願いしています164_3

先ほどyukoとmiki、お邪魔にならない程度に取材に行かせていただきました。忙しいにも関わらず快く撮影を許可していただきましたhappy01

03 04

コチラが181 「クリーニングの仕上屋」北高前です67

店舗となりには174_4

09支援物資輸送車(秋田同友会 県南地区会)とデカデカか書かれたトラックが待機していました17 (トラックは北国急行さんでした)

02 01  

お米の袋には励ましの言葉を添えて協力して下さる方も107

そして、今湯沢市内でも品薄状態となっている、カップラーメンを提供して下さる方も284

従業員の皆さん、そしてその家族の皆さんで衣類や毛布、食品の仕分け、梱包作業をしていました140

05 08

お話を聞くと、上の181_2 写真のような子供用のオムツや介護用のオムツが特に足りていないそうですthink

被災地では、民間で開業している介護施設にはほとんどオムツの供給がなされていない状態だそうです66

そして、少しでも梱包作業や仕分けに手間がかからないように、男性用・女性用・子供用の区別と何着入っているのかの表示をしていただくと良いかと思います194_2

湯沢市は他の地域よりも、支援状況などの情報が少なくどこに支援物資を届けたらいいの?という声も聞かれましたthink

確かに新聞にも「湯沢市」の文字が少ないような・・・・

16日に、湯沢市商工会議所では支援物資の受付、17日には被災地へ向けて輸送がされました。引き続き、商工会議所では支援物資の受付をしておりますので、支援物資を届けたい!という方は湯沢商工会議所(0183)73-6111までお問い合わせされると良いかと思いますhappy01

クリーニングの仕上屋さんでは明日、正午頃まで受付しておりますので時間のある方は支援物資を届けに足を運んでみてください128_3

yukoも家に帰ったら、防寒具など支援物資の整理に取り掛かりたいと思います268

湯~なび放送局でも随時、新着情報を更新していくのでご覧になってみてくださいhappy01

Yuko01_2 Yuko_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

至急!!支援物資ご協力のお願いです!

おはようございますhappy01

皆さま不便な日常生活の中、いかがお過ごしでしょうか?

しかし、今回の東日本大震災で被災した方々のことを思えば我々の不便なんて小さいことですよねthink

そこで、こちらのブログをご覧の方にお願いがあります18

湯沢市湯の原にあるクリーニング店「クリーニングの仕上屋」さんでは明日19日(土)正午頃まで被災地へ届ける、支援物資の受付を行っております。(地図)

受付している支援物資は174

●毛布・タオルケット・防寒衣料・通常衣類・子供服
  下着と靴下(これに関しては未使用品のみ)
●保存食(加熱不要ですぐ食べられるもの、賞味期限が1カ月以上のもの)
●カセットコンロ・レトルト食品・インスタント食品
●紙おむつ(子ども用・成人用)・粉ミルク・哺乳瓶セット・おしりふき
●生理用品・マスク・風邪薬・ホッカイロ

●ペットボトル水(新品、又、使用済みペットボトルの場合は洗浄し。ボトルにマジックで
 『水道水』と記載してください。)
●ウェットティシュ・日用品(石鹸・歯ブラシなど)
●軍手・ペンチ

特に赤文字で記載した物資が早急に必要だということなので皆様のご協力お願いいたします164

ペットボトル水1本、缶詰1つ、下着1枚でも構いませんが、地域でも品不足になっておりますので、改めて購入する必要はないとのことでしたので、無理のない範囲内でのご協力をお願いいたします。

また、衣類は未クリーニングでも受け付けしますが、あまりにも汚れのひどいもの、損傷のひどいものなど、状態の悪い衣類はお受けできませんのでご理解ください194

汚れのある品につきましては「クリーニングの仕上屋」さんで無償でクリーニング後、被災地へ輸送してくれるそうです164_2

過酷な現状で今もなお、頑張っている被災者の方々のことを思い、少しでもきれいで状態の良い品のご提供をよろしくお願いいたしますconfident

★受付日時 3月18日(金)(8:00~19:00頃まで)19日(土)正午頃まで
★輸送日時 3月19日午後か、3月20日早朝
★輸送先   南三陸町の避難所(高野鉄工所、および南三陸町総合体育館)
        気仙沼
(宮城同友会事務局と随時連絡を取り、現地の要望を確認しながら準備中)
★受付場所 湯沢市湯の原1-2-6 湯沢北高前
        クリーニングの仕上屋

※支援物資輸送トラックを店舗横に設置しております

お問い合わせは下記までお願いします174_2

クリーニングの仕上屋 湯の原店 0183-73-3703までお問い合わせください128

そして、こちら・・・downwardleft

湯沢市のお店「小川忠太郎商店」さんの3月17日(木)のブログにすごくいい言葉が掲載されていたのでご覧ください174_3

暗黒を嘆くより、1燈を付けましょう。
我々はまず我々の周囲の暗を照らす1燈になりましょう。
手の届く限り、至る所に燈明を供えましょう。
1人1燈なれば、萬人萬燈です。
日本はたちまち明るくなりましょう。

東洋思想の研究と後進の育成に努めた「安岡正篤氏」(1898~1983)のお言葉だそうですthink

今、現在の状況や境遇を嘆いているだけでは何も変わりません!
一人ひとりが今、できること、すべきこと、温かい気持ちをもって手を差し伸べる気持ちが大事です。自分自身が周りを照らす「1燈」になれるよう過ごしていけたらと思いますね76

そこで、こんな分かりやすいポスターなんていかがでしょうか?

10ガソリンの慢性的な不足も今週末あたりから、解消される見込みですshine

もう少しの辛抱です!

家族や周りの人と協力しあって頑張りましょうね 112

湯~なび放送局でも、随時情報をお知らせしていますので、参考になさってください128_2

Yuko01 Yuko 

| | コメント (0) | トラックバック (0)