« ゆーとぴあクラフターズ開催しました! | トップページ | 八面神社 ~駒形地区~ »

2011年1月27日 (木)

『みんなが“元気になる”魔法の言葉』~弁天地区センターにて~

おはようございます303
今日の湯沢はいつもより暖かく感じます147
屋根の雪が緩くなっているので、屋根の下を歩く際にはお気をつけくださいdangersweat01

2381月21日(金)に開催された『みんなが“元気になる”魔法の言葉』という講話を弁天地区センターにて聞いてきました2 P1070627講師は、岡 光氏(元小学校校長)です1
とても心に響くいいお話を聞かせて頂きました。
最初に『月のうさぎ』と言う絵本を紹介し、読み聞かせをして下さいました。
P1070632 P1070636
内容は、思いやりの心を描いたお話でした146
絵本は子供だけではなく 大人も十分に楽しめるので、是非 機会がありましたら手に取って読んで頂きたいと思います。
次に、読めば心が若くなると言う詩集を紹介して下さいました。
92歳から書き始めた柴田トヨさんの詩集《くじけないで》です。
詩集の中から、いくつか抜粋し読んで頂きましたがこんな風に年を重ねていけたら素敵なおばあちゃんになれるだろうなと○十年後の自分を想像しました2
本当に心が元気になりました157
次にご紹介して下さったのが生命の尊さを感じ取る絵本で『いのちのおはなし』です。
日野原重明先生が、95歳のときに小学4年生30人に行った「いのちのおはなし」の授業を絵本にしたそうです。
P1070638「いのちはどこにあると思いますか?」
という問いかけから始まり、いのちと時間について考えるお話です。
「いのち(時間)」は、だれにも平等にある。
いのちを無駄にしないというのは、時間を無駄にしないということ。
自分以外のことに時間を使うことの大切さ。
いのちとは自分がもっている時間の事。
絵本を通じて、いのち(時間)についていろんな事を考えさせられました。
最後は、BGMをかけながら岩崎地区の能恵姫伝説の昔語りを聞かせて下さいました。
10時50分から始まり1時間の講話でしたが、内容が濃くとてもいい話を聞かせてもらいました。
yukoもmikiも帰り道には、日々を大切にいっぱいの笑顔で過ごそうと元気になりました157157157

岡 光先生は毎月第4土曜日、絵本の読み聞かせ(みんなの森)を湯沢図書館で開催しています2
是非、お時間がある方は足を運んでみて下さい237
Miki
湯~なび放送局  http://www.yuzawamarugoto.com/

|

« ゆーとぴあクラフターズ開催しました! | トップページ | 八面神社 ~駒形地区~ »

湯沢のお祭り・イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1332941/38627610

この記事へのトラックバック一覧です: 『みんなが“元気になる”魔法の言葉』~弁天地区センターにて~:

« ゆーとぴあクラフターズ開催しました! | トップページ | 八面神社 ~駒形地区~ »