« カブトムシ | トップページ | 川原の湯っこ »

2010年7月16日 (金)

湯沢市ジオパーク講演会

おはようございますshine

今日は久しぶりに朝からいいお天気ですねsun

突然ですが、皆さんは「ジオパーク」って知っていますか?

今回の講演会は、聞き慣れない「ジオパーク」について、詳しく解説をしてもらう講演会
と、いうことだったので、何にも知らないyukoとmikiにはぴったりsign01ではないかと思い
湯沢ロイヤルホテルへ行ってきましたrvcardash

会場にはすでに100人を超す傍聴者の方が集まっていて、yukoとmikiは座るところがなく、最前列、講師席の真ん前に座ってお話を聞いてきましたcoldsweats01

02

簡単に説明すると「ジオパーク」とはジオ(Geo)=地球・大地、パーク=公園と解釈する
ので、直訳すると「大地の公園」という意味になります。

世界遺産とはちょっと違うんですよsign03

もう少し説明を加えると、世界遺産は素晴らしい物(自然や建物)があれば世界遺産として
認定されます。

ユネスコが認定するということは皆さんご存じですよね♪

青森県南西部から秋田県北西部にまたがる世界最大級のブナの原生林が広がる
白神山地などが世界遺産として有名ですねwink

「ジオパーク」は世界遺産のように素晴らしい物(自然や建物)、見に来た人が感動する
場所があり、更に、人が入ってゆるやかに活用できるというのが「ジオパーク」として
認定される条件なんですよflair

なので、「ジオパーク」は認定されれば終わりというわけではなく、継続して活動を続け、
語り継いでいかなければいけないんですよthink

語り部の養成も重要になってきます。

結構ここら変の部分が難しいかもしれませんねsweat01

行政だけではなく、地元の人の頑張りが重要だということですねshine

またこの他にも、実際にそこで生活している人や、歴史・ストーリーが大切だともお話
していました。

今回講師をしていただいた先生は、独立行政法人産業技術総合研究所
(日本ジオパーク委員会事務局)渡辺 真人 氏
と秋田産業サポータークラブ 
幹事 佐々木 詔雄氏のお二人でしたhappy01

04 0

今秋田県では、湯沢市と男鹿半島と八峰町が”目指せ 世界ジオパーク”として
取り組みを活発化させているようです。

皆さんも自分の足元の資源をもう一度見直してみてはいかがでしょうか(*^ー゚)bグッジョブ!!

Yuko01 Yuko

|

« カブトムシ | トップページ | 川原の湯っこ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。週一くらいでのぞいています。

Geo ParkがYukoさんの解説通りなら、秋田はGeo Parkの宝庫です。
しかし、紹介されたとたんにどっと人が訪れる。で荒廃する。
資源としての活用とその維持。難しいと思います。

難しいことはさておき、これからのレポート楽しみです。 

投稿: お山の大将 | 2010年7月22日 (木) 20時37分

いつも楽しく拝見しています。

Geo Parkの宝庫秋田県に住んでる自分として、資源の活用とその維持。難しい問題です。
紹介されたとたんに荒廃する様、何度も見てきました。

難しいことはさておき、これからもレポート楽しみです。

投稿: Edge | 2010年7月22日 (木) 20時50分

コメントありがとうございました。
湯沢市がジオパークに認定されると、町の活性化に
おおいにつながること間違いなしですからね♪
自治体と協力しながら、資源の活用と維持の問題に取り組んでいかなければいけないですね(◎´∀`)ノ

これからも湯沢の情報、バンバン発信していきますのでよろしくお願いしますhappy01

投稿: yuko | 2010年7月23日 (金) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1332941/35769858

この記事へのトラックバック一覧です: 湯沢市ジオパーク講演会:

« カブトムシ | トップページ | 川原の湯っこ »