« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月24日 (木)

岩崎地区 初丑まつりに行ってきました(/>∀<)/*☆

12月24日(木)岩崎地区  初丑まつりに行ってきましたhappy01

勇敢な裸まつりで知られる『岩崎地区 初丑まつり』が12月22日盛大に行われました。

お祭り当日は雨が降ったり雨雪が降ったりと天候が心配されましたが、お祭りが始まるころには雨も止み夜空にはお星さまがキラキラと輝いていました


画像 179地区内の6町村が参加し、ふんどし姿の男性が、”えびす俵”と呼ばれる米俵を担いで町内を巡った後、順に神社に奉納するというおまつりです。





756ba899s_3左の写真の男性は”初丑まつり”のために東京から見事なペ
インティングをして毎年お祭りに参加しているそうです
素晴らしいですね









 

画像 206奉納を終えた町内と後続の町内が神社入り口や神社内で激しくもみ合う姿は迫力満点です(*^ー゚)b 

 




来年の初丑まつりは12月17日(金)です。
 
今年参観できなかった皆さんは来年はぜひいらしてくださいwink
動画でも映像発信中なのでご覧ください

yukoでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

陶芸教室 ~形づくり編~

12月16日(水)山田地区センター主催の『陶芸教室』に参加してきました
場所は「弁天地区センター」に隣接する”創作館”で行われました。
今回は”形作り“ということで、《前業》 → 《成形》 → 《乾燥》という手順で作業してきました。

《前業(まえわざ)》とは?
→ 粘土から空気を抜く工程です。
粘土の中には沢山の空気が気泡となって入っています。粘土の中に気泡があるまま陶器を窯で焼いてしまうと気泡は膨張し、破裂してしまいます。このような理由で粘土から空気を追い出してあげないといけないのです。

《成形 (せいけい)》とは?
→ たたら作りで粘土の形を作る行程です。
自分の親指くらいの太さの棒状の粘土を作ります。
これをどんどん重ねて形をつくっていきます。

PC160021今回は“湯呑茶碗”を作ろう!ということで、私も真剣です。
見にくいですが、こんな感じで棒状の粘土を重ねていきますwink








PC160046今回は”手動ろくろ”を使って形作りをしましたshine
想像以上に難しく先生の手を借りてなんとか形になりましたscissors
焼きあがると2割ほど縮むので、少し大きめに作るといいそうです真剣に先生のお話を聞いています。




PC160043
山田地区センターの職員の方と・・・
当日はお世話になりましたconfident





作り続けること2時間半lovely
できましたぁ~goodshine
一応”湯呑茶碗 ”ですっっsign03ちょっと歪んでます

IMG_6693IMG_6695







これを乾燥させて『素焼き』していきますnotes
『素焼き』とは、粘土を硬化させ、水分に耐えれる環境を作り出し確実に釉薬(ゆうやく)を塗れるようにする工程です。

しっかり乾燥していないと窯の中で爆発する・・・bomb可能性があるので『素焼き』は重要な工程の一つでもあります。

次回の陶芸教室 ”絵付け”編は1月13日(水)ですcatface
どんな色にするのか今から一人 ワクワクしているyukoでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

三関セリ収穫日記

今日は曇り空ながら、あまり寒くもなく取材日和・・・

今日お世話になる”藤川さん”のお宅に少し迷いながらも無事到着rvcardash
挨拶をすませ、コタツに入りながら”セリ”についていろいろお話を伺い作業スタート

朝は7時頃からセリ摘みをしているという藤川さん。私たちが伺ったのが10時頃・・・
一仕事終えてからの取材の協力どうもありがとうございまいしたhappy01
画像 062
今回取材にご協力していただいた
 『 藤川 幸久 』さんです。
作業に慣れない私たちにやさしく
教えて下さいました



ここで、いきなりセリ摘みの作業手順を紹介します

~セリ摘みの作業手順~
1.四本鍬(くわ)でセリをおこすし、水中に手を入れて泥ごとセリを引き抜く。
2.泥水で泥を軽く落とし、洗い場にて本洗いをする。
 (ゴミ、枯れ葉を洗い流す。根をきれいに洗う。
3.家へ持ち帰り、枯葉、病変葉をとる。120g~130gに束ねる。
4.袋に入れ、出荷箱に入れる。(20~30束/箱)と、いう一連の作業を体験させていただきまいした。
作業のコツとしては、株をそろえることだそうです。


画像 068

この日はビニールハウスでの
収穫でした




2f800e95s洗いたてのセリ
株、そろってますかぁ






セリの調理方法としてよく聞くのが”根っこの天ぷら”ですが、今の時期のセリの根っこはあまり天ぷらには向かないそうです。
1月~2月の寒い時期に収穫されるセリの根っこが白くて、長くて、太くて、おいしいそうです
油揚げや鶏肉と油で炒める、セリむし(やき)もお勧めだそうです
おひたしも美味しいらしいですよ

Seri 今回はとても貴重な体験をさせていただきましたhappy01
これからは店頭に、並ぶセリが違ったものにみえること間違いなしのyukoとmikiでしたsmile
藤川さんありがとうございましたhappy02

mikiでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

岩崎地区 初丑まつり会場に行ってきましたヾ(´▽`;)ゝ ~In 水神社~

水神社
DSC01400
能恵姫様が祀られている「水神社」。十六世紀の中ごろ川連城に嫁ぐため皆瀬川を渡ろうとしていた岩崎城主・・河内守道高の娘 能恵(のえ)姫が、竜神にさらわれてしまう。水難を防ぐため地域の守り神となった姫の霊を慰めようと、嫁入り日だった旧暦十一月の初丑の日、住民たちは姫をまつる水神社で祭りを続けてきました。



DSC01404勇敢な裸祭りで知られる湯沢市岩崎の初丑まつり・・・

地区内の六町内が参加。下帯姿の男性が「えびす俵」と呼ばれる米俵を担いで町内を巡った後、順に奉納するのだが、奉納を終えた町内と後続の町内が神社入口や神社内で激しくもみ合うという勇ましいおまつりです(/>∀<)/*☆



             
kashima1鹿島様

岩崎地区三町内に数百年前から伝えられている高さ4mほどのわら 人形です。
現在も春秋2回衣替え(鹿島まつり)をし、家内安全、豊作を願い、祭りが行われています。

近くで見ると迫力満点
ですよ(*^ー゚)b









noehime1能恵姫石像

平成六年に地域住民の寄金奉納により、千年公園に設立されました。


















tamagoido玉子井戸

平成四年に千年公園の愛護会が井戸を清掃したところ、卵状のの小石を発見!伝説どおりだと驚愕
現在も井戸の中に祀られています。





今年の初丑まつりは12月22日(火)+ヾ(・∀・)ノ;+.:
今年は初の試みとして餅まき、みかんまきをして参観者にサービスをします 
ぜひ皆さんも”能恵姫伝説”にまつわる「初丑まつり」にいらして下さい o(*^▽^*)o


yukoも防寒具を着込んでカメラ片手に撮影に行ってきますっっ

yukoでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

~奥山旅館取材日記~

32700aa2s_2今日は湯沢市内も朝から雨模様・・・
泥湯温泉郷”奥山旅館”の天気はどんなことになってるのかと思いながら車を運転していくと、どんどん辺りには、雪らしきものが
山もうっすらと雪化粧してるぅ(>д<)/""
*雪景色の様子は動画でご覧ください

2人で『わぁーわぁー』言いながら、奥山旅館へ向けて車を走らせていると雪化粧どころではない、除雪車が来てもおかしくないくらいの雪の量にびっくり 

※須川ICから県道51号(湯沢栗駒公園線)を経て県道310号
で泥湯のルートで行ってきました。

泥湯温泉入口では、道路の隙間からも水蒸気や湯気が墳出していて真っ白(>д<)
そこを抜けるとなんとも幻想的な秘湯好きにはたまらない雰囲気をかもしだしていました(/>∀<)/*☆

さて、お目当ての”奥山旅館”ですが・・・

支配人にいろいろとお話を伺ってまいりました。
取材慣れしているせいかこちらが聞きたいことをほとんど話していただきました。
内湯や露天風呂の説明もスラスラとヽ(*´∀`)ノ
独特の濁り湯で支配人曰く「頭が悪いのと金欠病」以外なら何にでも効きます!とのことでした(´∀`*)

~奥山旅館のよく効く温泉の入り方~
1.湯船に入り全身を温める。
2.全身が温まった所で湯船から上がり、患部(肩、腰、肘、膝)
等にタオルを当て何度もお湯をかけ温める。
3.全身が冷えてきたらまた湯船に入り全身を温める。

この一連の作業を繰り返すと患部の痛みや治りが早く、良くなるそうです。ちなみに泉質は「硫黄泉・単純泉」で効能は「一般適応症の他リューマチ、事故の後遺症、高血圧症、動脈硬化症」などに効きます。そして、この~奥山旅館のよく効く温泉の入り方~に最も適したプラ ンが“11月25日~4月25日”迄あります。ヽ(*´∀`)ノ
なんと!!3泊4日 6食時付で★10,000円(/>∀<)/
(12月30日~1月5日)は除きます。

お申し込みの際は2名様以上でお申し込み下さい。
(1名様の場合は割増料金になります)
お昼の食事が必要な方も別料金(500円)にて承るそうなので心配ありませんよ
各方面への送迎もしてくれるそうなので
問い合わせてみて下さい。
(要予約/5名様以上)奥山旅館0183-79-3021
支配人曰く、「安いからこそ、粗相のない様に心がけている」そうなので泊ってみる価値ありありのプランですよ♪~(*´∀`*)~♪

12月7日現在で年末の予約状況はほぼ満員御礼状態で、若干の空室があるだけなので早目の予約が必須ですよヾ(・∀・)ノ
リピーター率の高い奥山旅館。
1度ならず、2度、3度訪れてみる価値ありですね。
予約は3か月前から受け付けております♪~(*´∀`*)~♪




doroyu2昔、昔のその昔にこの”目洗い地蔵”さまの前にあるお湯で目を洗った人が、なんと目の病が治ったということから、こちらの「目洗い場」が設けられたそうです。

地蔵様の目の周りが黒くなっているのがわかりますか?泥湯温泉に訪れた方々が触っていき、このように目の周りが黒くなったそうです。
yukoは化粧がとれてしまっては大変な事になるので、目ではなく手を洗ってきました

yukoでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »